さいたま市 単相3線式工事

2022年の初仕事です

中古のお家を購入したお客様より、単相2線式から単相3線式への契約変更の工事のご依頼を頂きました。

お客様ご自身でゆっくりとリフォームされるそうで、その前に単相3線式への切り替えをご希望されています。

 

それでは工事模様のご紹介です。

現状は電力メーターは奥の方にあるんですが、今回メーターも手前の方に移動します。

 

分電盤は玄関入り口の、電力メーターの真裏に取り付けます。

お客様の方で取り付けしやすく、角材が取り付けてありました。

 

分電盤を仮付けしてから幹線を通す穴を開けて、VE管を通し、幹線を通しました。

 

分電盤を取り付けて、お客様のご要望で2回路だけ電気を使用できるようにしました。

 

屋外は2.6でメーターまで仮設配線をして、8sqと圧着しておきます。

 

分電盤周りは、後でお客様がボードを張るそうです。

後日、東京電力の工事の日に、仮設と分電盤の撤去と、ビス穴を埋めて完了です。

よろしくお願い致します。