さいたま市で新規オープンするスクラップ屋さんからのご依頼で、電気の新設工事を行いました。

敷地は300坪以上あると思いますが、お見積もりにお伺いした時には、四方を4.5m位の塀で囲まれていました。

仮設電気は無く、極力早めに電気を通してほしいとの事です。

 

通常ですと敷地内に1号柱を建てるのですが、地面はすぐにコンクリートで埋めてしまうようなので、鉄骨に鉄板を溶接してもらい、それに引留金物を取り付けました。

 

引込点をこちらに設け、メーターまでとメーターから分電盤までの幹線引きと、分電盤の取り付けを行います。

 

幹線はお客様のご要望で、極力高い位置に固定していきます。

電気はあまり使用しないとの事なので幹線はCV14SQ。

こちらのケーブルは50メートル巻きなんですが、ほぼ全て使い切りました

 

固定方法は色々悩んだのですが、パイラックとクリップにてVE22PF22で配管しました。

 

メーター板も取り付けて、スーパーハウスに配線します。

スーパーハウスへはお客様のご要望で床下から配線しました。

スーパーハウスの壁は極薄鉄板で、ビスが効かないので下地を作ってから分電盤を取り付けました。

 

後日、東京電力の方が外線のつなぎと、メーターを取り付けて下さり無事電気が通りました。

仮設で3回路コンセントを作っておきました。

スーパーハウス内と、屋外の照明工事などは来年ゆっくりと考えるそうです。

お客様、当店へのご依頼誠にありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願い致します。