さいたま市 リーフ充電コンセント工事

さいたま市の戸建住宅で、リーフ用のEV充電コンセントの工事を行いました。

当店にご連絡頂く前に1社見積りに来て頂いたそうなんですが、おそらく屋外露出配線になりそうとの回答だったそうで、お客様のご希望に合わず当店にご連絡頂きました。調査の結果、床下隠蔽配線が可能なので、お見積りを提示してその後正式にご依頼頂きました。

それでは工事風景をご紹介します。EVコンセントはこの辺りに取り付けます。

脱衣所にある分電盤と浴室点検口を開けた所です

分電盤には空き回路が2個あります

床下へはキッチンの床下点検口よりアクセスします

床下に養生プラダンを敷き、ライトを準備して先ずは浴室点検口よりチェーンを床下に垂らします

床下に再び潜りチェーンに配線を結び、浴室点検口から引き出します

床下で所々配線を固定して、コンセント取り付け、付近まで配線していきます。
外に行き、土台と基礎の間の水切りから、コンセント取り付け位置の目印にIVを入れて、再度床下に潜りIVを目印にビスを屋外目掛けて打ち込みます。

また外に行きビスの位置を確認して、問題無いので屋外側より穴を拡げ、床下よりケーブルを屋外に通線します。

ここまでは順調だったのですが1つアクシデントが発生しました
EVコンセントボックスの穴と、丸型ボックスのVE管の穴の位置が合いません💦

少し考えて、VE管をバーナーで炙り曲げることにしました。

少し焦げたのでビニールテープで隠してコンセントを設置しました

コンセントはお客様のご希望で鍵付きをはじめて取り付けました

最後に絶遠抵抗と電圧のチェックも怠りません

お客様に実際にリーフに充電してもらい、問題無く充電されていることも確認できました。

お客様、当店へのご依頼誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。