上尾市 単相3線式工事と点検口を作り隠蔽配線工事

先日テレビが映らないとご相談頂き、ご訪問して調査した結果、ブースターの故障が判明して交換させて頂いたお客様より

今回は、単相2線式から単相3線式への切り替えと、エアコン2台工事、エアコン2台分の専用回路の工事のご依頼を頂きました。

ケーブル類は極力露出しないように隠蔽配線をご希望されていました。


玄関の隣に和室があり、押し入れの天井の板がずれて天井内が見渡せます。もう1個分電盤付近に点検口があれば幹線と、1階リビングの専用回路は隠蔽配線できそうです。


お客様と工事内容と工事代金の説明をして、後日工事のご依頼を頂きました。



工事当日です。先ずは点検口から取り掛かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床を養生して野縁をマグネットで確認してから墨付けして、廻し引きで開口します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にリビングのエアコンの専用回路を引きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらにエアコンを取り付けるのですが、こちらのコンセントは他のコンセントと繋がっています。なので分電盤より新たにこちらまで配線しました。

分電盤からリビングに直接配線できればケーブルも短くて済むのですが、大きな梁が邪魔して無理そうなので、分電盤から和室の押し入れ上まで引き

そこからリビングのエアコン付近まで配線しました。エアコンは200Vをご希望されていたのでコンセントは200V用を取り付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼休み後、幹線の配線、分電盤の交換を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分電盤交換後、絶縁測定をして問題無いのでこの日は終了とさせて頂きました。

後日エアコンの取り付けと、2階までの専用回路の設置、サービスでコンセントとシーリング交換(沢山)の交換にお伺いします。